ストレス

吐血と喀血は両方とも血を吐くことですが、喀血とはのどから肺を通っている気道(きどう、呼吸器のひとつ)から血が出ることで、吐血とは十二指腸(無腸間膜小腸)よりも上の消化管から血が出ることを表しているのです。
ポリフェノール最大の長所はL-アスコルビン酸や脂溶性のV.E.(ビタミンE)などとは異なって、細胞の間の水溶性部分や脂溶性部分、更に細胞膜でも酸化を防ぐ作用を持っています。
「いつも時間に追われている」「面倒くさい人との付き合いが嫌でたまらない」「テクノロジーやインフォメーションの著しい進歩になかなか付いていけない」など、ストレスが溜まってしまう状況は人によって違います。
収縮期血圧140以上、拡張期血圧90以上の高血圧が長い間続くと、身体中の血管に大きな負荷がかかった結果、全身至る所の様々な場所の血管にトラブルが起こって、合併症を誘発するリスクが高まります。
季節性インフルエンザ(seasonal influenza)のワクチンでは、今までの膨大な研究によって、ワクチンの効能を予想できるのは、注射した14日後から150日間ほどだろうということが分かりました。
物を食べる時は、次に食べたい物をなんとなく口へ入れて幾度か噛んで嚥下して終わりだが、そのあと人体はまことに健気に働き続けて異物を人体に取り込むよう努めている。
杉花粉症などの病状(鼻みず、鼻詰まり、クシャミなど)のせいで夜間よく睡眠を取れないと、それが因子になって慢性的な睡眠不足に陥り、次の日の行動に悪影響を与えることもあります。
胃食道逆流症(GERD)の一種である逆流性食道炎は、4〜5日服薬すれば、押しなべて8割〜9割の人の自覚症状は良くなりますが、さりとて食道粘膜の炎症反応そのものが治癒したとは言い切れません。
基礎代謝量というのは睡眠中ではない状態で生命活動を保つ(心臓の鼓動、口からの呼吸、腎臓の機能、体温や筋緊張の保持等)ために必ず要る最低限のエネルギー消費量のことを指しています。
子供の耳管の特徴は、大人のそれと比較すると幅が広く短い形状で、かつ水平に近いため、様々な細菌が入り込みやすくなっているのです。子どもが急性中耳炎を発症しやすいのは、この構造が関わっています。
下腹部の強い痛みをよく起こす主な病気には、大腸粘膜が嚢状に突出する大腸憩室症、石ができる尿路結石症、原因不明の潰瘍性大腸炎、腹膜に炎症や穿孔が起こる急性腹膜炎、卵管の病気など、色々な部位の病気が挙がるようです。
食べ過ぎ、体重過量、喫煙、運動不足、遺伝、精神的・肉体的なストレス、高齢化など多様な因子が合わさると、インスリンの分泌量が減少したり、機能が衰えたりして生活習慣病に属する2型糖尿病に罹患するのです。
エイズ(AIDS)はヒト免疫不全ウイルス、すなわちHIVの感染が原因となって起こるウイルス感染症の事であり、免疫不全となって些細なウイルスなどによる日和見感染や癌等を併発してしまう症候群そのものを指し示しているのです。
くしゃみ、鼻水、鼻づまりや目の痒み・ゴロゴロするような異物感などの花粉症の代表的な症状は、アレルギーを誘引する花粉の飛んでいる量に比例しているかのように悪化の一途を辿ってしまうという傾向があるということが明らかになっています。
最大の内臓である肝臓に脂質やコレステロールが多く付着した脂肪肝(fatty liver)という病気は、動脈硬化や肝硬変などの非常に多くの疾患を誘引する可能性が高いといわれています。